商標活用事例10(ヒット商品がでたらすぐに模倣品対策)

ヒット商品がでたらすぐに模倣品対策

この商標活用事例は、特許庁発行「事例から学ぶ商標活用ガイド」に掲載されている事例を紹介するもので、それを編集・加工等しております。
詳しくは、「事例から学ぶ商標活用ガイド」(特許庁)の中の「商標制度活用事例10」をご参照ください。

大ヒット商品がでたら、商標権をフル活用して模倣品対策

株式会社キャロットカンパニーは、自社ブランド「anello」(アネロ)の口金付きリュックが爆発的に大ヒット。この大ヒット以降は、自社ブランドを前面に出した商品展開が急速に拡大し、「anello」は主要ブランドに成長。

ECサイトで人気1位を獲得するなど有名になっととたん、わずか2週間ほどで、ECサイトを中心に模倣品が出回り始めた

当時はまだブランド名を商標登録していなかったため、すぐに出願・登録して模倣品対策を開始

様々なECサイトに対し、模倣品を見つける度に連絡・削除依頼ということを根気よく続けた。また、税関に輸入差止申立てを行い、実際に模倣品の輸入を水際で阻止。さらに、模倣品販売業者を相手に訴訟も起こし、差止・商品廃棄・損害賠償を勝ち取った。

これらの対策を続けた結果、模倣品に関する問合せ件数も減り、国内での模倣品は減少していった。

・ヒット商品になると、すぐに模倣品が出回るので、商標権による模倣品対策が必要になる
・ECサイトへの連絡・削除依頼、輸入差止め、警告・訴訟など、根気強く模倣品対策を行なう必要あり

海外でも模倣品対策に奔走

「anello」は、アジア・欧米など約20か国に展開。特にタイ・香港・シンガポールでは取扱店舗が多く、現地での人気はもちろん、そこに訪れる欧州の観光客からも人気の商品に。

そして、欧州でのブランド認知度が高まったことを受けて、欧州でもインターネット販売を開始するなど、欧州進出を本格化。進出先の海外においても、大切なブランドイメージを守るために、商標権の取得を進め、模倣品対策に奔走

国際商標登録(マドプロ)、中国商標登録、韓国商標登録、意匠登録、国際意匠登録(ハーグ)等をお考えなら、弁理士事務所 リバティ

商標登録をお考えなら、商標登録 markregiで間違いなし!

とにかく安くしたいなら、商標登録 markregiのエコノミープランを選んでおけば間違いなし!

専門家にお任せしたいなら、商標登録 markregiのスタンダードプランを選んでおけば間違いなし!

とにかく急いでいるなら、商標登録 markregiのファーストプランを選んでおけば間違いなし!

どのプランを選べばいいか分からないなら、まずはメール/LINEで無料見積もり

事務所を乗り換えて費用削減したいなら、申込の入力が簡単な、商標登録 markregiの簡単申込

エコノミープランスタンダードプランファーストプランメール/LINEで無料見積もり!簡単申込!

関連記事

  1. 商標登録の区分「第3類」の概要と商品指定方法

  2. 商標登録の区分「第9類」の概要と商品指定方法

  3. 商標登録とは商標権を取得すること~5年?10年?~

  4. 商標登録の区分「第33類」の概要と商品指定方法

  5. 商標登録の区分「第38類」の概要とサービス指定方法

  6. 商標登録の区分「第24類」の概要と商品指定方法

最近の記事

おすすめ記事 おすすめ記事