特許・知財活用事例1(特許を他社製品との差別化に活用)

特許を他社製品との差別化に活用

この特許・知財活用事例は、特許庁発行「知的財産権活用企業事例集2018」に掲載されている事例を紹介するもので、それを編集・加工等しております。
詳しくは、「知的財産権活用企業事例集2018」(特許庁)の中の「食品・飲料・医薬品 株式会社沖縄ウコン堂(沖縄県)」をご参照ください。

特許を他社製品との差別化に活用し、商標を活用して模倣品対策

株式会社沖縄ウコン堂は、他社製品との差別化を図るために、特許出願を意識した研究開発を実施。

これまで、ウコン関連商品は、どこの企業も似たようなものを製造・販売

健康志向の高まりで糖質カット商品が多く登場。

そこで、デンプン質を多く含むウコンを活用した健康食品でも、糖質をカットする研究開発を進めることに。

研究開発において知財の重要性を強く意識し、開発の早期段階から特許権の取得を目標にして、沖縄県産の「沖縄県産マンゴー果実酵母」がウコンに合うことを発見し、これをもとにウコンの糖質を低減する技術「糖質を低減した健康食品の製造方法」を発明し、特許を取得

そして、特許を取得した技術で製造されている商品「琥金(クガニ)ウコン粒」について、模倣品対策のために、「琥金®」「クガニ®」などの商標権も取得

健康食品は品質が重視される商品であることから、成分表示の欄の近くに、特許権や商標権を取得している旨の表記をして、製品の特長をPRして、他社製品との差別化を図る。

その結果、「琥金ウコン粒」は、大手卸・小売企業で採用され、販路拡大に成功し、同大手卸・小売企業の薬局部門では需要が拡大している。

・特許は他社製品との差別化に活用し、商標を活用して模倣品対策
・特許権や商標権を取得している旨を表記して、製品の特長をPRし、他社製品との差別化を図る

国際商標登録(マドプロ)、中国商標登録、韓国商標登録、意匠登録、国際意匠登録(ハーグ)等をお考えなら、弁理士事務所 リバティ

商標登録をお考えなら、商標登録 markregiで間違いなし!

とにかく安くしたいなら、商標登録 markregiのエコノミープランを選んでおけば間違いなし!

専門家にお任せしたいなら、商標登録 markregiのスタンダードプランを選んでおけば間違いなし!

とにかく急いでいるなら、商標登録 markregiのファーストプランを選んでおけば間違いなし!

どのプランを選べばいいか分からないなら、まずはメール/LINEで無料見積もり

事務所を乗り換えて費用削減したいなら、申込の入力が簡単な、商標登録 markregiの簡単申込

エコノミープランスタンダードプランファーストプランメール/LINEで無料見積もり!簡単申込!

関連記事

  1. 特許・知財活用事例10(知的財産権の取得で売上増大、信用獲得)

  2. 特許・知財活用事例6(特許ライセンス供与で収入確保)

  3. 特許・知財活用事例7(独自技術を特許で保護、商標でブランディング)

  4. 特許・知財活用事例3(信用の裏付けは特許取得が決め手)

  5. 特許・知財活用事例5(ニッチな成熟市場でも知財でシェア拡大)

  6. 特許・知財活用事例8(独自性確保のために商標登録、意匠も活用)

最近の記事

おすすめ記事 おすすめ記事