商標活用事例17(方言を商標登録して地域ブランド化で経済効果大)

方言を商標登録して地域ブランド化で経済効果大

この商標活用事例は、特許庁発行「事例から学ぶ商標活用ガイド」に掲載されている事例を紹介するもので、それを編集・加工等しております。
詳しくは、「事例から学ぶ商標活用ガイド」(特許庁)の中の「商標制度活用事例17」をご参照ください。

方言を商標登録して、地域ブランド化し、地域の財産としてフル活用することで、大きな経済効果

授業で地域活性化に取り組んでいた山口県立防府商工高等学校(以下、防府商校)の生徒たちが、山口県の方言で、「幸いです。助かります。ありがたいです。便利です。」の意味を表す「幸せます」に目を付け、「幸せます」に「幸せを増す」という意味も付け加えて防府の地域ブランドにすることを考え、一緒にやってほしいと相談されたことを機に、産学連携で、防府商工会議所が主体となって地域ブランド化を進めていくことに。

まずは地元の方言「幸せます」を商標登録。「幸せます」のブランドコンセプトは、「消費者が幸せを増す」。ブランド価値を確立するために、商標登録するだけでなく、商標使用規定を定め、このコンセプトがしっかり盛り込まれた地域発の商品・サービスにのみ商標の使用を認めるように、商標の使用をしっかり管理することで、ブランドを確立

このようにしてブランドコンセプトを守ることは、地域のイメージ向上にもつながる。ブランドコンセプトはすぐには浸透しないため、説明会の開催や企業訪問などで説明・説得を重ねた。

「幸せます」ブランドを使用したい企業等は、使用申請をし、弁理士を含む7名で構成される審査会の審査に通る必要があるというように、徹底。

使用するデザインのガイドラインも作り、基本となるデザインの色まで指定し、統一感のあるブランド展開がされるようにしている。

こうしてブランド価値が確立したことにより、防府市まちの駅にある、「幸せます」ブランド商品を販売する「幸せます」コーナーでは、年間売上が1000万円以上に。まさに「幸せます」ブランドの経済効果。また、取り組む主体は、企業・団体のほか、地元の商店街、行政にも広がっており、「幸せます」というブランドがあることで町全体に統一感

・地元の方言を商標登録して、産学連携で、地域ブランド化
・商標使用規定、審査会を設け、コンセプトにあったもののみに商標の使用を認めることで、ブランドを確立
・デザインのガイドラインを作り、統一感のあるブランド展開がされるようにしている
・地域ブランドは、地域発のオリジナル商品とそのブランドを通じた地域のイメージ向上という両輪で動くもの
・地域ブランドで町全体に一体感!年間売上1000万以上に!

商標のライセンス料で地域ブランドのシステムを支える

商標を使用する場合には、年5,000円の商標使用料を防府商工会議所に支払うという仕組みに。ブランド力を維持・強化するためには、商標権の維持・管理やホームページの運営・改良など様々な費用がかかるので、このライセンス料が大事な収入源

地域ブランドとしてのブランド管理

地域外の事業者が商標を使用していることを発見したときは、まず商標権があることを説明し、地域活性化のための商標なので使わないで欲しいとお願いして使用をやめてもらう。また、地域外の企業から商標を使いたいと申出があったときは、地域活性化のための商標だからとお断り「幸せます」ブランドの「地域ブランド」としての価値をしっかり守っていくことが重要

国際商標登録(マドプロ)、中国商標登録、韓国商標登録、意匠登録、国際意匠登録(ハーグ)等をお考えなら、弁理士事務所 リバティ

商標登録をお考えなら、商標登録 markregiで間違いなし!

とにかく安くしたいなら、商標登録 markregiのエコノミープランを選んでおけば間違いなし!

専門家にお任せしたいなら、商標登録 markregiのスタンダードプランを選んでおけば間違いなし!

とにかく急いでいるなら、商標登録 markregiのファーストプランを選んでおけば間違いなし!

どのプランを選べばいいか分からないなら、まずはメール/LINEで無料見積もり

事務所を乗り換えて費用削減したいなら、申込の入力が簡単な、商標登録 markregiの簡単申込

エコノミープランスタンダードプランファーストプランメール/LINEで無料見積もり!簡単申込!

関連記事

  1. 商標活用事例19(記憶に残りやすい独自音を音商標に)

  2. 商標登録の区分「第1類」の概要と商品指定方法

  3. 商標活用事例1(ネーミング変更で売上急増)

  4. ドラッグストア業界の商標登録(区分の選び方)

  5. IT業界(Webサービス)の商標登録(区分の選び方)

  6. 商標登録の区分「第30類」の概要と商品指定方法

最近の記事

おすすめ記事 おすすめ記事