中小企業支援情報5(特許・商標等の知財の学習・教育等)

中小企業向けの特許・商標等の知財の学習・教育等に関する情報

中小企業・個人事業主の方で、知的財産部のような専門の部門がない場合など、特許や商標等の知的財産について学ぶ必要があったり、社内研修等によって知的財産の担当者を育成する必要があったりすることもあると思います。

知的財産に関する知識がほとんどない場合は、特許庁のホームページの「スッキリわかる知的財産権」https://www.jpo.go.jp/system/basic/index.html)、「初めてだったらここを読む~特許出願のいろは~」https://www.jpo.go.jp/system/basic/patent/index.html)、「初めてだったらここを読む~実用新案出願のいろは~」https://www.jpo.go.jp/system/basic/jituyo/index.html)、「初めてだったらここを読む~意匠出願のいろは~」https://www.jpo.go.jp/system/basic/design/index.html)、「初めてだったらここを読む~商標出願のいろは~」https://www.jpo.go.jp/system/basic/trademark/index.html)などが参考になると思います。

しかしながら、資料を読んで学ぶのは難しいこともあるかもしれません。

そんな場合、気軽に動画で学べるコンテンツとして、経済産業省 中国経済産業局 中国地域知的財産戦略本部が提供している「もうけの花道」というサイト(https://www.chugoku.meti.go.jp/ip/index.html)がありますので、このようなサイトを利用することが考えられます。

また、日本弁理士会が提供している「社長の知財 社長!これだけは知っておいて下さい」というサイト(https://www.jpaa.or.jp/shacho-chizai/)がありますので、このようなサイトを利用することも考えられます。

また、特許庁が、【無料】で「知的財産権制度説明会」https://www.jpo.go.jp/news/shinchaku/event/seminer/chizai_setumeikai.html)を開催していますので、このような説明会を利用することも考えられます。

このほか、特許庁の職員、産業財産権専門官が、旅費・謝金等は不要で、中小企業を訪問してセミナーを行ってくれる制度https://www.jpo.go.jp/support/chusho/chitekizaisan/index.html)もありますので、このような制度を利用することも考えられます。

また、営業秘密や知財戦略についても、知的財産相談・支援ポータルサイトhttps://faq.inpit.go.jp/tradesecret/service/)に、セミナーや講演会への無料講師派遣などの支援もあります。

なお、中小企業・個人事業主の方で、知的財産部のような専門の部門がない場合など、特許や商標等の知的財産について学ぶ必要があっても、現実的にそこまで手が回らないこともあると思います。

そのような場合は、弁理士に相談、あるいは、弁理士と顧問契約することが考えられます。

中国商標登録、韓国商標登録、意匠登録、特許調査・鑑定、特許等の相談、顧問契約、業務提携等をお考えなら、弁理士事務所 リバティ

商標登録をお考えなら、商標登録 markregiで間違いなし!

とにかく安くしたいなら、商標登録 markregiのエコノミープランを選んでおけば間違いなし!

専門家にお任せしたいなら、商標登録 markregiのスタンダードプランを選んでおけば間違いなし!

とにかく急いでいるなら、商標登録 markregiのファーストプランを選んでおけば間違いなし!

どのプランを選べばいいか分からないなら、まずはメール/LINEで無料見積もり

事務所を乗り換えて費用削減したいなら、申込の入力が簡単な、商標登録 markregiの簡単申込

エコノミープランスタンダードプランファーストプランメール/LINEで無料見積もり!簡単申込!

関連記事

  1. 中小企業支援情報11(近畿地域の特許・商標等の知財支援情報)

  2. 中小企業支援情報12(中国地域の特許・商標等の知財支援情報)

  3. 中小企業支援情報1(知財関連のポータルサイト情報)

  4. 中小企業支援情報13(四国地域の特許・商標等の知財支援情報)

  5. 中小企業支援情報9(関東地域の特許・商標等の知財支援情報)

  6. 中小企業支援情報2(知財関連ポータルの「お知らせ・新着」情報)

最近の記事

おすすめ記事 おすすめ記事