商標登録のために行なう商標の検索、調査

商標登録のために行なう商標の検索、調査

商標権を取得するには、特許庁に対して、商標登録出願を行ない、審査を経て、商標登録されることが必要になります。

はじめて商標登録をお考えの場合は、特許庁のホームページの「初めてだったらここを読む~商標出願のいろは~」を読むことをお薦めします。

商標権を取得する場合、まずやるべきことは、商標の検索、つまり、既に同一又は類似の商標登録が存在しないかなどを調査することになります。なお、商標の検索方法(調査方法)についても、上記の「初めてだったらここを読む~商標出願のいろは~」に記載されていますので、ご参照ください。

そして、検索結果(調査結果)が得られたら、同一又は類似の商標登録が存在すると言えるか否かを判断しなければなりません。

例えば、全く同じ商標が存在する場合は商標登録できないと判断するのはそれほど難しくはないと思われますが、類似しているのか否かというのは、弁理士でも判断が異なることもあり、さらには、弁理士と特許庁の審査官との間でも判断が異なることもあり、なかなか判断が難しいものです。

このため、商標調査を行なったり、その結果を判断したりする、時間、労力を削減するために、専門家である弁理士に任せるのが得策であると思います。

・商標権を取得するには、審査を経て、商標登録することになる
・はじめて商標登録を考えている場合は、特許庁のホームページの「初めてだったらここを読む~商標出願のいろは~」を読む
・商標権を取得する場合、まずやるべきことは、商標の検索、つまり、既に同一又は類似の商標登録が存在しないかなどを調査
・検索結果(調査結果)が得られたら、同一又は類似の商標登録が存在すると言えるか否かを判断
・同一又は類似の商標登録が存在すると言えるか否かを判断は難しいので、時間、労力を削減するために、専門家である弁理士に任せるのが得策

しかしながら、弁理士に支払う費用は、依頼する弁理士によって、合計20,000円前後から合計十数万までかなりの幅があり、ネットで探しても、費用に見合ったサービスを提供している専門家を選ぶのもなかなか難しいと思います。

国際商標登録(マドプロ)、中国商標登録、韓国商標登録、意匠登録、国際意匠登録(ハーグ)等をお考えなら、弁理士事務所 リバティ

商標登録をお考えなら、商標登録 markregiで間違いなし!

とにかく安くしたいなら、商標登録 markregiのエコノミープランを選んでおけば間違いなし!

専門家にお任せしたいなら、商標登録 markregiのスタンダードプランを選んでおけば間違いなし!

とにかく急いでいるなら、商標登録 markregiのファーストプランを選んでおけば間違いなし!

どのプランを選べばいいか分からないなら、まずはメール/LINEで無料見積もり

事務所を乗り換えて費用削減したいなら、申込の入力が簡単な、商標登録 markregiの簡単申込

エコノミープランスタンダードプランファーストプランメール/LINEで無料見積もり!簡単申込!

関連記事

  1. 商標活用事例11(苦い経験を活かしていち早く商標出願)

  2. 商標登録の区分「第25類」の概要と商品指定方法

  3. 商標登録の区分「第28類」の概要と商品指定方法

  4. 商標活用事例1(ネーミング変更で売上急増)

  5. Amazonブランド登録は「商標登録」が条件

  6. 商標登録の区分「第31類」の概要と商品指定方法

最近の記事

おすすめ記事 おすすめ記事